理容室と美容室の違い、あなたは知っていましたか?

biyouzyosei

女性が利用するのが美容室、男性が利用するのが理容室というイメージを持っている方は多いと思います。しかし、本来美容室と理容室では根本的に意味するところが違うのです。美容室と理容室はどのように違うのでしょうか。

機能の違い

美容と理容の本質的な違いは、男女の違いというよりもむしろその業務内容にあります。理容では頭髪のカットやシェービング、その他それに付随するケアなどで容姿を整えますが、それに対して美容は化粧を施すことや髪を結わくこと、あるいはパーマなどによって容姿を整えることです。

髪を切ることは本来理容の仕事ですが、パーマや髪染めなどは美容の仕事と言えますね。このように現在ではそれぞれ混じりあったサービスが展開されていますが、そもそも美容と理容は別々のものだったのです。

理容と美容の歴史

日本での理容産業は事実上、文明開化により散切り頭が普及したころにさかのぼります。断髪令が出され、武士たちは髷をとって近代的で西洋的な髪型をすることを強制されました。

しかし、女性は同じ明治時代になっても長い髪は結わくことが基本で、断髪するという発想はあまりなかったのです。そのため、歴史的に理容と美容が別々に発展してきたというわけなのです。

中目黒の隠れ家美容室FRMS | 薬剤にこだわりダメージレス

美容室にこれから求められる技術のカギは正に、「触診」!

a0001_012470

近頃、街を見渡してみても、昔のように「これ!」といったヘアスタイルの流行を感じなくなりました。それよりもむしろ、本来の自分の髪質や生え方、又は量といったものを生かしたり調整したりしながら如何に自然体に見せるかという事に重きを置く風潮になってきました。

美容室は顧客満足を大切にするべき!

一昔前までは好きな芸能人の写真を美容室に持って行って、その通りに仕上げてもらう、という女性が多かったものです。それはそれで美容室側としては楽だったと述懐しています。

ですが、今は、顧客の髪の長所と短所とをある程度、察知しなければ2回目の来店はまずありませんし、美容室側だけでなく、私達顧客の方もせっかくお金を払って、尚且つある程度、例えば「髪の毛が多いから出来るだけ軽く見えるようにしてほしい」等と言う要望を伝えたとしても単に多いところに梳き鋏を入れてくれるだけで全体的な仕上がり感が不自然だったとしたらこれほど不幸な事はありません。何故なら最低でも1ヶ月は、その髪で過ごさなければいけないからです。

思い通りの「髪型」になりたい!失敗しない美容師の選び方 – NAVER まとめ

触診が今後の美容室の重要ポイント!

そういった意味も踏まえて、もう昔のように顧客が芸能人の写真を持って来てくれて写真のように仕上げればいい、という時代は戻っては来ないでしょうから、今後、スタイリストに求められるのは昔の医者のように「触診」ともいうべき「手」、つまり、顧客の髪質を如何に早く掴むか、といったものが求められる時代に突入してきました。

立川の美容室なら失敗しないストレートが人気のHAIR FIELD

弁護士になるためには

af0100001709弁護士になるには、司法試験に合格しなければなりません。
この司法試験は狭き門として存在しています。
以前は、という言い方は、とにかく猛勉強をして、司法試験に合格をすることで、弁護士の見習いということで、仕事に就く事ができましたが、現在は制度が大きく変わりました。
司法試験に合格という面においては同じですが、その後法科大学院に入学をすることが一般的だと言われています。

名古屋で相続の問題を得意としている弁護士

法律の専門知識を猛勉強ではなく、大学院によって教育として受けることで、多くの法曹界の人員を増やす目的です。
しかし、以前のように猛勉強で、司法試験を受ける前に司法予備試験に合格をした場合も、司法試験を受ける資格を得ることができます。
要するに、単に大学の法学部を卒業をしただけでは、司法試験を受けることができなくなった、法科大学院の存在ができたという面が、制度が大きく変わった面です。

司法試験の受験は、法科大学院卒業、司法試験予備試験合格後、5年以内に3回しか司法試験を受けることができません。
やはり、法科大学院の存在があったとしても、以前狭き門には違いないということですし、猛勉強という面においては、大きく変わっていません。

司法試験の合格をしたあとは、司法研究所で1年間研修を受けることになります。
そこでみっちりしごかれたあと、晴れて弁護士として、この世に誕生します。
法律のプロとして、人々の正義の味方としての存在ですから、そう簡単に弁護士になることはできないということです。

弁護士の歴史

gf1420128741弁護士の初めては、古代にさかのぼります。
すでに裁判が存在していたのですから、当然のことですが、詭弁にて代弁をする職業があったと言われています。
その後、中世に入ると、大学に法学部ができるほど、急速に法律が整備されていきます。
それと同時に弁護士という立場も明確にされていくことになります。

日本においては、鎌倉時代が最初と言われています。
『六波羅探題(ろくはらたんだい)』という職が鎌倉幕府において職として存在します。
1221年承久の乱に時に、朝廷の動向を監視のために京都に設置され、口述に優れ、北条一族の中でも有能の者が当たっていた。
京都周辺の治安維持、裁判までも行なっていました。
江戸時代に入り『公事師(くじし)』が弁護士に当たる職になりますが、法廷での活躍ではなく、借金の取り立て、口添え等の職が主でした。

日本で本格的に弁護士の制度が整備されたのは、明治に入ってからです。
近代的司法制度の導入により、弁護士は『代言人』として登場しました。
現在の弁護士とは違い、身分も低勝ったと言われています。
その後、弁護士法の制定により、初めて『弁護士』と名乗ることになったのは、1893年になってからです。
法廷活動に限定された形で、裁判官や検察官よりも格下の存在でした。
そして、現在のような弁護士の活動ができるようになったのは、1936年のことで、国家権力からの脱却、独立した立場が実現しました。
その年に日本弁護士連合会が結成され、司法試験の制定、裁判官、検察官、弁護士の選択を一元的にできるようになったのです。

弁護士の種類

gf1940006820弁護士にはいくつか種類があります。
街角に事務所を構えて、○○法律事務所と看板を上げて、裁判や離婚の相談、債務整理についてアドバイスをする弁護士を『町弁』と言います。
この『町弁』は、病院でいうと、総合病院ではなく町医者的な存在です。
古くから法律事務所を構えていたり、親から代々受け継いでいる場合は、それこそ何でも屋的な存在で、高飛車に構えているのではなく、周辺の方々に取っても身近な存在となっている場合が多いようです。
弁護士の新人は、『いそ弁』と呼ばれています。

その他の種類としては、法廷に立たない渉外弁護士や企業内弁護士などがありますが、こちらは法律事務所を構えてと言うよりは、コンサルタント的な仕事をしたり、企業の役員として働く場合があります。
法律の専門家としての立場での働くわけですが、企業内弁護士の場合は、サラリーマンのような立場になります。
顧問弁護士という言い方もありますが、これは企業内ではなく、○○会社の担当と言った形でしょう。

このように見ていくと、弁護士の種類があるということは、それだけ仕事内容が様々あるというわけです。
弁護士というと、法廷でパフォーマンスを繰り広げるというイメージもありますが、あのようなことは、ドラマ上の演出で、弁護士のほとんどが、地味な内容が多いと言われています。
ただし、報酬に関しては、一般に高いレベルにあると言われています。
それだけの仕事をしているということですから…。

弁護士の仕事について

弁護士の仕事については、キャパシティが広く、簡単に説明できないのですが、法律の立場からの解決を促すアイテムとでも言いましょうか。
例えば、トラブルの解決、ということであれば、こちらとあちらの対立があります。
単位は個人、企業と大きさはあるにしても、自分にとっては、黒か白かをはっきりさせるために、弁護士を利用することになります。
要するに、自分にとってのプラスになるようにうまくやってくれるのが、弁護士の仕事でしょう。

犯罪の被告人であっても、弁護士が弁護をします。
極悪犯人であってもですが、この場合、どうみても悪いやつなのに、何故に弁護士?と思うところでしょう。
しかし、被告人であっても人間です。
日本には人権という権利が存在し、被告人であっても、主張できる権利があります。
その意味においても、弁護士が矢面に立ち、代弁をしたり、訴訟の手助けをすることになります。
黒白つけられない裁判などにおいては、弁護士の手腕が試される時です。

このように、弁護士の仕事は、トラブルの解決のキーパーソンなのですが、それは、人権や人間の尊厳といったところまで踏み込むとても尊い仕事だと言えます。
また、専門知識がとことん頭のなかに入っていることで、どんなことにも対処できることと、人間相手の仕事ですが、柔軟な人間性などが問われるものです。
簡単に弁護士になれるわけではないですが、それは、人間そのものを攻撃をするのではなく、とことん守り切るという正義の味方であること、それは大変な仕事内容と言えます。

弁護士って一体何?

弁護士を一言で言うのなら、社会生活を行う上で、適切な対処法や解決の方針をアドバイスできる法律の専門家です。
いわゆる事件や紛争、法律が絡む相談事について、一般に難しい知識を要する問題に対して、一般人では知り得ない知識を持った、またはそのような場合の対処する場で、解決の立場の資格を有する者のことを言います。

日常生活において、弁護士と関係しているといえば、大きな会社経営者や犯罪に関係する仕事をしている方が主ですが、最近では、テレビなどでもお馴染みになっている方もいらっしゃいます。
陪審員制度の導入により、国民が裁判に直接係る可能性もあることから、より弁護士が身近に感じられる場合も考えられます。
また、最近では過払い金請求など、債務相談の窓口としても、弁護士が前面に立ち、不法な過払い金請求の手助けを提供していることなどでも、弁護士と関係する機会がある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

忘れてならないのが、弁護士が活躍する場として、あまり縁が無い方が良いのは、離婚訴訟等の時かもしれません。
わざわざ弁護士を立ててまでという場合が主ですが、中性的な立場で、こちらの言い分を優位に通したいときなどは、弁護士の力量が試される時です。
しかし、一般人が弁護士とあまり接する機会が少ないのは、報酬が高いからという理由も存在します。
実際、相談だけをしたとしても、料金がとられる制度になっていますから、身近な存在とはいえず、余計に弁護士とは何をしている?と聞かれても、正確に回答できる方は少ないかもしれません。