弁護士の仕事について

弁護士の仕事については、キャパシティが広く、簡単に説明できないのですが、法律の立場からの解決を促すアイテムとでも言いましょうか。
例えば、トラブルの解決、ということであれば、こちらとあちらの対立があります。
単位は個人、企業と大きさはあるにしても、自分にとっては、黒か白かをはっきりさせるために、弁護士を利用することになります。
要するに、自分にとってのプラスになるようにうまくやってくれるのが、弁護士の仕事でしょう。

犯罪の被告人であっても、弁護士が弁護をします。
極悪犯人であってもですが、この場合、どうみても悪いやつなのに、何故に弁護士?と思うところでしょう。
しかし、被告人であっても人間です。
日本には人権という権利が存在し、被告人であっても、主張できる権利があります。
その意味においても、弁護士が矢面に立ち、代弁をしたり、訴訟の手助けをすることになります。
黒白つけられない裁判などにおいては、弁護士の手腕が試される時です。

このように、弁護士の仕事は、トラブルの解決のキーパーソンなのですが、それは、人権や人間の尊厳といったところまで踏み込むとても尊い仕事だと言えます。
また、専門知識がとことん頭のなかに入っていることで、どんなことにも対処できることと、人間相手の仕事ですが、柔軟な人間性などが問われるものです。
簡単に弁護士になれるわけではないですが、それは、人間そのものを攻撃をするのではなく、とことん守り切るという正義の味方であること、それは大変な仕事内容と言えます。