弁護士になるためには

af0100001709弁護士になるには、司法試験に合格しなければなりません。
この司法試験は狭き門として存在しています。
以前は、という言い方は、とにかく猛勉強をして、司法試験に合格をすることで、弁護士の見習いということで、仕事に就く事ができましたが、現在は制度が大きく変わりました。
司法試験に合格という面においては同じですが、その後法科大学院に入学をすることが一般的だと言われています。

名古屋で相続の問題を得意としている弁護士

法律の専門知識を猛勉強ではなく、大学院によって教育として受けることで、多くの法曹界の人員を増やす目的です。
しかし、以前のように猛勉強で、司法試験を受ける前に司法予備試験に合格をした場合も、司法試験を受ける資格を得ることができます。
要するに、単に大学の法学部を卒業をしただけでは、司法試験を受けることができなくなった、法科大学院の存在ができたという面が、制度が大きく変わった面です。

司法試験の受験は、法科大学院卒業、司法試験予備試験合格後、5年以内に3回しか司法試験を受けることができません。
やはり、法科大学院の存在があったとしても、以前狭き門には違いないということですし、猛勉強という面においては、大きく変わっていません。

司法試験の合格をしたあとは、司法研究所で1年間研修を受けることになります。
そこでみっちりしごかれたあと、晴れて弁護士として、この世に誕生します。
法律のプロとして、人々の正義の味方としての存在ですから、そう簡単に弁護士になることはできないということです。