弁護士の種類

gf1940006820弁護士にはいくつか種類があります。
街角に事務所を構えて、○○法律事務所と看板を上げて、裁判や離婚の相談、債務整理についてアドバイスをする弁護士を『町弁』と言います。
この『町弁』は、病院でいうと、総合病院ではなく町医者的な存在です。
古くから法律事務所を構えていたり、親から代々受け継いでいる場合は、それこそ何でも屋的な存在で、高飛車に構えているのではなく、周辺の方々に取っても身近な存在となっている場合が多いようです。
弁護士の新人は、『いそ弁』と呼ばれています。

その他の種類としては、法廷に立たない渉外弁護士や企業内弁護士などがありますが、こちらは法律事務所を構えてと言うよりは、コンサルタント的な仕事をしたり、企業の役員として働く場合があります。
法律の専門家としての立場での働くわけですが、企業内弁護士の場合は、サラリーマンのような立場になります。
顧問弁護士という言い方もありますが、これは企業内ではなく、○○会社の担当と言った形でしょう。

このように見ていくと、弁護士の種類があるということは、それだけ仕事内容が様々あるというわけです。
弁護士というと、法廷でパフォーマンスを繰り広げるというイメージもありますが、あのようなことは、ドラマ上の演出で、弁護士のほとんどが、地味な内容が多いと言われています。
ただし、報酬に関しては、一般に高いレベルにあると言われています。
それだけの仕事をしているということですから…。